生産者のご紹介

ピスタチオの生産者は、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の全域にいます。彼らの生活は母なる自然に根差し、自然を利用する能力にかかっています。彼らは地域社会とかかわり、農業の持続可能な未来のために勤勉に働いています。天候と作物に常に気を配る彼らには、1 つの共通点があります。それは、自分たちの仕事を愛していることです。

アメリカ産ピスタチオ生産者協会のアルバムには生産者が随時追加されていますので、時折ご覧ください。そして農場でも皆さまをお待ちしています。

 

私たちの生産者

  • Kusmak一家 - ニューメキシコ州トゥラローサ

    1986年にAdam Kusmakの両親がニューメキシコ州に移住した際に、ビジネス投資としてピスタチオ栽培を始めることにし、ニューメキシコ州南部に位置するオテロ郡のトゥラローサにある土地を購入しました。

    詳細を参照してください。 >
  • Jim Graham - アリゾナ州コチセ郡

    Ruth Graham と Jim Graham は、偉大なアパッチ族リーダー Cochise の故郷として知られるアリゾナ州の歴史を担う 2 代目ピスタチオ生産者です。この地域には平地と山があり、標高 1326 メートルの土地は日中と夜間の温度差が大きいため、ピスタチオや Graham 一家の好きなワイン用ブドウの栽培に適しています。

    詳細を参照してください。 >
  • Blackwell 一家 - カリフォルニア州カーン郡北東部

    Blackwell 家は 3 世代で、シエラ ネバダ山脈の丘陵地帯がサン ホアキン バレーの谷底へと下る、リトル クリークと呼ばれる地域でピスタチオを栽培しています。10 代のころ、Brian はピスタチオ根茎の商用開発を行う Pioneer Nursery で働き始めました。現在、Brian と息子 Jeremy はそれぞれ農場を持ち、他の親族の農場も管理しています。

    詳細を参照してください。 >
  • Munger一家 - カリフォルニア州デラノ

    Munger一家にとって米国で過ごした最初の数年間は、楽なものではありませんでした。彼らはカルフォルニア州北部で、地元農家を一家で手伝うことで生計をたてました。5年後の1971年に、桃とクルミの栽培用として、初めての70エーカーの土地を購入することができました。また、果実の木々の間にはスイカを栽培し、Davidと Kableはトラックの荷台でスイカを売ることにより農業ビジネスについて学びました。2人の兄弟は幼いうちから、事業経費やリスク評価、結果達成のために一生懸命働くことを父から学びました。そして1980年には、Kableは初めて聞くピスタチオという名の新作物すぐに興味を持ちました。

    詳細を参照してください。 >