生産者のご紹介

ピスタチオの生産者は、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の全域にいます。彼らの生活は母なる自然に根差し、自然を利用する能力にかかっています。彼らは地域社会とかかわり、農業の持続可能な未来のために勤勉に働いています。天候と作物に常に気を配る彼らには、1 つの共通点があります。それは、自分たちの仕事を愛していることです。

アメリカ産ピスタチオ生産者協会のアルバムには生産者が随時追加されていますので、時折ご覧ください。そして農場でも皆さまをお待ちしています。

 

私たちの生産者

  • Blackwell 一家 - カリフォルニア州カーン郡北東部

    Blackwell 家は 3 世代で、シエラ ネバダ山脈の丘陵地帯がサン ホアキン バレーの谷底へと下る、リトル クリークと呼ばれる地域でピスタチオを栽培しています。10 代のころ、Brian はピスタチオ根茎の商用開発を行う Pioneer Nursery で働き始めました。現在、Brian と息子 Jeremy はそれぞれ農場を持ち、他の親族の農場も管理しています。

    詳細を参照してください。 >
  • Sharon Roden - カリフォルニア州カーン郡西部

    Sharon Roden には情熱を注いでいることが 2 つあります。ピスタチオの栽培と、多発性硬化症に関する啓発活動を行う自転車チーム Chain Gang のサグワゴンを走らせることです。彼女は、両親の跡を継ぐ、2 代目のピスタチオ農家です。

    詳細を参照してください。 >
  • Keenan一家 - カリフォルニア州アベナル

    Charles Keenanは、1972年にカルフォルニア州アベナルに位置する、新たにピスタチオを植樹した100エーカーの農地を購入し、Keenan農場を始めました。彼らにとって初収穫となった1976年に、Charlesと彼の息子のRobertは新しい事業にもかかわり、加工機械に投資を行いました。それ以降、ピスタチオの加工と販売はKeenan一家のビジネスにとって不可欠な部分です。

    詳細を参照してください。 >
  • Mehdi & Adam Orandi 一家 - カリフォルニア州テラ・ベラ

    Orandi一族の7家族が、現在、農場、農業経営と加工事業を行っています。数家族は、果樹園に投資しました。AdamとMehdiは協力して農場を経営しています。
    「私はピスタチオ産業に自分のアイデンティティを見つけ、情熱をもっています…収穫の予想、徹夜での外皮取り/乾燥作業、作業が終わったときの安堵感、これほどすばらしいものはありません。

    詳細を参照してください。 >