責任を持って育てています

生産者の間では、家族のために育てる作物もあるけれど、ピスタチオの木は孫のために育てると言われてきました。ピスタチオは農園で販売できる実がつくまでに 5 ~ 7 年かかり、寿命も非常に長いので、次の世代やさらにその後の世代のことを考えながら植え付けます。農園は生きた財産です。

このため、アメリカ産ピスタチオ生産者協会では土地とのその環境の維持に注力し、何世代にもわたって農園が栄え、それをとりまく豊かな生態系が保たれるように努めています。

 
  • 有害生物防除と植物栄養

    ガーデニングが趣味の皆さんならご存知のように、植物には適切な栄養と有害な生物の駆除が必要です。アメリカ産ピスタチオ生産者協会は、第一線の大学との研究に投資を行い、製品の品質と私たちの住環境の改善を常に目指し、共同研究を行っています。

    ピスタチオ農園は、他の作物のように葉、木、木の実を食べる昆虫を大きく引き寄せることはありません。自然界では、益虫が害虫の駆除に役立っています。害虫を駆除するためには、益虫の健康的なバランスを保つことが重要です。したがって、高度な監視技術を導入することで適切なバランスを確実に守り、必要に応じて、農園の自然のバランスを取り戻すために承認済みの害虫駆除の手法が使用されます。

    ピスタチオの木に必要な栄養は、シーズンを通じて細かく監視されています。高度な直接灌漑を実践し、葉面散布による栄養補給を行って生産されたナッツは適切な食生活を実現し、一口ずつに一定の品質が確保されています。

  • ピスタチオの木は他の多くの作物が成長しない分野で成長。

    アメリカ西部の水資源

    カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコの 3 州における最も貴重な天然資源は水です。水に関する問題には、干ばつ、用水コストの高さ、水に関連した法規制のほか、人口の多い都市部に多くの水を供給する必要性の高まりなどがあります。

    幸いなことに、米国で栽培されているピスタチオの根茎は、他の多くの農作物と比べて干ばつに強いのが特徴です。APG 生産者たちは、1 滴 1 滴の水を賢く使って最高品質の木を育てるため、最先端の直接灌漑技術を採用しています。

    降雨量が特に少ないアメリカ西部は、歴史的に見ても農業活動の妨げとなってきた塩分が土壌に多く含まれているという共通の問題を抱えています。これらの半砂漠地域では、自然発生的な含塩率の高さによって荒涼とした不毛の地が生まれかねません。APG 会員がカリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコの 3 州で栽培しているピスタチオの木は、含塩土壌に対する耐久力があるだけでなく、これらの土壌でもよく育ちます。今日、数百エーカーに及ぶピスタチオ農園では、本来ならば使われていなかった土地をピスタチオの若木が美しい景観に変え、鳥や野生動物に生息環境を提供するなど、環境面でのさまざまなメリットをもたらしています。

  • 栽培農家は、フクロウボックスを構築し、ネスティング用果樹園の中に置いてください。

    ピスタチオ農園と総合的病害虫管理

    APG 生産者は作物を守りながら野生動物の健康的な生息環境を維持するための努力を続けており、自然界で行われている害虫駆除方法を取り入れています。通常、これらの方法は総合的病害虫管理 (IPM) と呼ばれています。その 1 つとして、コヨーテを駆除するために農園内のフクロウの数を監視し増やす方法があります。

    コヨーテは農園に重大な損害を与えかねません。噛みつくのが好きなのは犬もコヨーテも同じです。ネズミやジリスなど獲物が多い農園はコヨーテにとって魅力的で、ほんの "お遊び" で高価な点滴灌漑ラインに噛みつきます。コヨーテの獲物を駆除することで、コヨーテによる被害を減らすことができます。当協会の生産者たちは、獲物の数を減らすのに古い "餌で誘き寄せる方法" ではなく、IPM 法、つまりフクロウを利用しています。

    フクロウが元気な雛を育てるには、健康的な環境が必要です。現在、生産者たちは安全に巣作りできる場所として "フクロウ ボックス" を農園内に作っています。高い滑らかなポールの上 (視界が良く、捕食者が近づきにくい) なら、フクロウはたくさんの卵を産み、無事に孵化させることができ、その後の生存率も高くなります。フクロウの数を増やすことで、作物に損害を与える動物とその天敵とのバランスを取ることができます。

  • Settonファームズ'プロジェクトは年間クリーンエネルギー、大気中から二酸化炭素以上の1.880トンを取り外したり、毎年松林の400エーカーを植えると同等の260万以上キロワット時(kWh)を生成します。

    ピスタチオのソーラー パワー!

    アメリカ産ピスタチオ生産者協会の加工業者会員は常に技術と加工方法の向上を図り、エネルギーおよび環境への影響を軽減する努力を続けています。一部の加工業者は太陽光発電 (PV) 装置を装備し、ピスタチオの選別、ロースト、包装にクリーン エネルギーを使用しています。